日本カリヨン協会  
Association of Carillon Art in JApan  

設立日:2019 年 11 月 7 日  

《Mission》
日本における「楽器としてのカリヨン」についての知識啓発・広報普及等の活動を行うと共に、現存の「カリヨン」とそれを取り巻く状況を正しく捕捉し、「カリヨン」を介しての音楽・文化活動を活性化することで生起する国際交流・相互理解の担い手となる。

 

 『カリヨン』は、欧州フランドル地域、現在の南部オランダ王国、北部ベルギー王国がある 地域発祥で、最低2オクターブ以上の複数の鐘をワイヤーで繋がれた鍵盤を演奏することにより音楽を奏でる楽器です。その歴史は、1510年に「組鐘に演奏台が取り付けられた」という最古の文献に遡ります。当時、市民が政治的に自立を目指し、自治権を獲得する都市が増加、町は商業によって豊かになり同時に競ってカリヨンを設置、カリヨンは市民の象徴となっていきました。カリヨン文化は代々人々に受け継がれ、愛する故郷や自分の住む町を音楽を通してより魅力ある楽 しい町にしようと、町と市民が一体になって現在もカリヨン文化を支えています。 鐘の音のように互いに響きあい、支えあい、調和した美しさをもち、お互いが魅力を高められる、そんな町づくり活動の一助を担えれば幸いです。


構成員
代表理事 中村和代 Kazuyo Nakamura  Japan President 
海外代表 高尾徹  Toru Takao  Germany Representative non Japanese territories 
姫路代表 岡部良介 Ryosuke Okabe  Himeji
アドヴァイザー Gideon Bodden  Netherland  Adviser
アドヴァイザー Luc Rombouts  Belgium  Adviser
岸野文郎 Fumio Kishino 大阪大学名誉教授、 関西学院大学招聘教授 
藤井正興  Masaoki Fujii 大宝運輸株式会社 取締役社長 


協会事務局所在地 | 〒533-0003 大阪市東淀川区南江口3丁目4番48号 
 一般社団法人感性ビジネス研究会内 TEL:080-3862-9832(中村)